my brain hurts

 今回も長く口内炎に苦しんだ。回復を期待して控えた酒も、効果があったのかどうか。藁にもすがる思いで検索した「コロナ 口内炎」、あれは一体何だったのだろう。いよいよ医者を訪ねようと覚悟した日曜の朝、面倒な知らせが届く。

 苦痛に顔を歪ませ cap'n jazz『Analphabetapolothology』CDを聴く。93年にこの音楽性か、偉そうに歌詞を確かめるも残念ながら難解だった。バック・インレイの ben weasel による揶揄/罵倒?*1に、彼らもパンク世界の一員だったのかと気付かされ、エモ系とLos CrudosやMK-Ultra等との関係も含め、イリノイ州punk/hardcoreの系譜を解き明かしたいという余計な思いに一瞬とりつかれた。なんとなく血で血を洗うような包括的な年表が欲しい。*2

 焙った方が旨い、と持参したガスボンベにバーナーを取り付けている。手慣れた様子に「寝てないっすよね?」気を使うと「仕事ですから」涼しい顔で笑ってかつ我が物顔で皿を並べ始める。「パパ、車でずっと寝てたんだよ」子供は無視された。自分もそれに倣って黙っていた。口内炎が悪いんだ。宣言解除後、即予約して釣ってきたという**魚、刺身も塩焼きも全て美味しかった。

 喧騒の中に満開の桜があった。朽ちた切り株に腰を下ろし、強い煙草を吸っていた老人が立ち去って、後に残された白い欠片。舌の裏がずきりと痛む。砂場に設えられた一本橋を子供がはしゃいで渡る。母親と叔母にあたる人がやや心配そうに眺めている。並んでいる二人の容姿はあまり似ていないが、笑った時に見せる歯並びだけは一緒だ。「水の悪い所で育ったから」よく嘆いていたが、さりげなく自慢かしら、これまで自分は思っていた。旦那(と書く)はベンチに座って画面を動かし続けている。この夫婦には会話らしい会話が無いな。帰った後、今度はこっちの心配をせねばならんのだから、おっとっと、くそガキを支えている場合ではない。

 

*1:

pitchfork.com ピッチフォークでも同じ内容が語られている

*2:

www.reddit.com 89年は一枚も挙げられていない。何故?