カート・コベイン ドナルド・トランプ

 陽気に誘われて、薄着で外に出た。何やかやあって、いろいろ調べるはめになった。検索ワードは「ドレスダウン」、「カジュアルアップ」、「フランネル」、「ランバージャック」。

ネルシャツよ 永遠なれ

 BRUCE PAVITT(サブポップ元社長)、格子柄が良く似合う。

Embed from Getty Images  

社長ブルース 私の履歴書

 自身の経営哲学を語る 映画『Hype!サウンドトラックCD ライナーノーツより

They came to Sub Pop with their first single, and we passed on it for being too commercial. Of course, one year later we almost went bankrupt... Pearl Jam are the social conscience of our arena rock nation.

 以下、エヴェレット・トゥルー『ニルヴァーナ:ザ・トゥルー・ストーリー』(シンコーミュージック)より抜粋

 ジャック・エンディーノ ブルース・パヴィットを評して(p.82)

彼は反知性をかかげる知性派人間だ。脳みそからっぽの音楽であればそれにこしたことはないというね。

 スティーヴ・フィスク 彼のビジネス感覚を問われ(p.86)

サブ・ポップはファクトリー・レコードの真似だ。ブルースは起業家だが、ドナルド・トランプ程の才はない。共産主義者だしね。

 出たな、トランプ前大統領。

クリス・ノヴォセリックの発言

nme-jp.com

rockinon.com

カート・コベイン氏の場合

 以下の記事を参考にした。

faroutmagazine.co.uk

 カミール・パーリア『セックス、アート、アメリカンカルチャー』(河江書房新社)を読み始めたが、読み通せる自信がない。帯には「マドンナ?彼女こそ真のフェミニスト。ポルノ?もちろんO.K.!フーコーラカンデリダなんて、くそくらえ!」とある。フーコーもだめなのか。(それらと戯れて悦に入るだけの大人が嫌いなだけかも)

 ただ、カートの「言い回し」は少し気になった。

I really like Camille Paglia a lot; it's really entertaining, even though I don't necessarily agree with what she says.

真打 マイケル・“カリ”・デウィット Cali Thornhill Dewitt

 再び、『ニルヴァーナ:ザ・トゥルー・ストーリー』より(p.394,504,575,594)

 1973年生まれ。8歳で映画『ザ・デクライン』を見て、9歳でD.O.A.のライブに行き、16歳でJabberjaw (Los Angeles) - Wikipediaに勤務して、パット・スメアを推薦して、フランシスのナニーでコートニー、カートの「二人」と仲良くできて、『イン・ユ―テロ』のCDラベルで女装していた人。現在はアーティストとして活躍していて、東京で個展を開いたりもしているみたい。

eyescream.jp

 貴重なインタビュー。カニエやトランプ政権、日本の政治家の話も。

www.gqjapan.jp

 以下、インタビュー*1より、ちょっと引用。

 最近、いっしょに育ってきた奴らのことを考えると、みんな歳をくって、ひとつのことに固執してると思うんだ。「1993年にこんな経験をした。オレはその経験について考えて、そのことを話す」って。オレもだんだん年をくってきて、まわりは「そんな新しいことやってんのか。オレは好きじゃないな」ってなるんだ。新しいことに批判的になる。そもそも新しい言語を学ぼうとしないから。止まってしまうんだ。それが年々積み重なっていく。世界は成長しているのに、ますます関わりを持たなくなってしまうんだ。 

 ......。(  ..........。)

 93年の大晦日オークランドで行われたニルヴァーナのライブにグリーン・デイ、スピットボーイ、J・チャーチ、モンスラのメンバーが大挙して訪れたらしい。それはこの人がエピセンターへ立ち寄った際に皆を招待したから、だそう。その日のオープニング・アクト?はボブキャット・ゴールドスウェイトが務めていて(イン・ユーテロ20周年CDに詳細あり)、後の監督映画『World's Greatest Dad』にはクリス・ノヴォセリックが出演する。めちゃくちゃ感動的な役柄で。

ファクト・チェック

ロイターより

www.reuters.com

ニコニコニュースより

news.nicovideo.jp

ポスト・トゥルース・ラウンジ・アクト

 『ネヴァーマインド』収録曲「ラウンジ・アクト」の歌い出し、 “Truth covered in security…” を思い出して、カートよ、おまえもか、と邪推した。(冗談で言ってます)で、クールなカリ・デウィットがいれば大丈夫、みたいなオチにしようと粘ったが不首尾に終わった。検索したら、平気で23万もするネルシャツが数多く出てきた。MIKE WATTのせい?それとも世界は自分の知らぬ間にハイパーインフレを起こしていたのか。

 

以上です

 

反省1:BATHTUB IS REALの詳細が気になる キャシー・アッカ―とカミール・パーリアが同い年と知った. 俺のネルシャツ300円